食前や食間って?勘違いしやすい【薬の飲み方の基本】

お薬の飲み方 服薬支援

いざ薬を飲む時になって

「あれ?食前って結局いつなんだっけ?」

「食間って書いてあるけど食間って食事中ってこと?」

なんて思ったりした方。きっと、少なくないと思います。

そこで今回は、サクッと薬の正しい飲み方について解説します。

薬剤師であれば当たり前すぎてあまり説明はいらないと思いこんでいることも多かったりする部分ですが、薬の飲み方と言うのは実はかなり重要です。

医師から処方される医薬品に限らず薬というのは飲み方次第では効果がなくなってしまったり、最悪の場合は副作用を起こす可能性もあります。

もし用法について疑問があれば必ず処方医または薬剤師に確認をするようにしてください。

ここでは実際によく電話相談などで聞かれる食前や食間などの服用タイミング、飲み忘れ時の対処法などを簡潔に記事にしたいと思います。

用法ごとの服用タイミングについて

用法用量は原則必ず守ってください。処方されたお薬であれば薬袋もしくは薬情(お薬の説明書)に、市販薬であれば箱や説明書に記載されています。

  • 食後(食直後)

最も基本の飲み方です。食事後30分以内に服用すると考えてください。
食直後の場合は食後すぐに服用してください。

  • 食前(食直前)

食事の前に服用するべきお薬です。食事前の30分以内に服用すれば大丈夫です。
食直前であれば食事前の「いただきます」のタイミングで飲みます。

  • 食間

漢字のイメージからよく間違われている飲み方です。
食事と食事の間の空腹時を指します。
例えば、朝食間であれば「朝食後と昼食後の間に」というような意味合いです。
細かく言うと食後の2時間後服用が目安です。漢方薬などによく使われる用法です。

  • 寝る前(就寝前)

読んで字の如く、寝る前に服用します。寝る前30分以内が目安
ただし、睡眠導入剤などの一部の医薬品はまさに布団に入る前である「就寝直前」に服用する方が望ましいものも多いです。

  • 起床時

これもそのままです。朝、起きたらすぐに服用してください。
起床時のお薬はやや服用に関するルールが面倒なものが多いので、初めて処方された場合はよく薬剤師に説明を聞く方が無難です。

  • 頓服(とんぷく)

頓服薬とは「一時的に飲むお薬」です。
ほかのお薬のように決まったタイミングがなく、「発熱時」や「頭痛時」などその症状が起きた時にパッと服用してください。
通常は服用後4~6時間は症状がやわらぐか様子を見ることになります。

水で服用するのが基本

基本的に飲み薬はコップ1杯の水かぬるま湯で飲むように設計されています。

最近は口腔内崩壊錠(OD錠)といって水なしで飲める錠剤も増えていますが、それでもやはり水ありで飲んだ方が飲みやすいかと思います。

もし水無しで通常の錠剤やカプセルを服用した場合、口の中やのどに張り付いたりして粘膜を傷つける可能性もあります。一部のお薬では多めの水で服用することで胃を保護する役割もあったりしますので水で飲む利点は多いのです。

それと、よくある質問なのですが、お茶やジュース、コーヒーなどでの服用は極力避けるようにしてください。

アルコールについてはもってのほかです。お薬の効果に影響が出る場合も多く、副作用の危険性もぐんと上がる場合もある危険な行為です。

もし、うっかりジュースやコーヒーなどで服用してしまった場合はそのまま数時間は様子を見てください。その後に何も体調変化がなければ、過度に心配する必要はありません。

飲み忘れた場合の対処法

飲み忘れ時の対処方法は医薬品の種類ごとに違います。

念の為、処方医かまたは調剤した薬局に聞いてみる方がいいでしょう。

多くのお薬は飲み忘れ1回程度では大きく効果が変わることは少ないので、これまた過度な心配は必要ありません。

絶対やっちゃいけないのは次の服用タイミングで2回分まとめて飲むことです。
これは副作用の確率も上がる危険な選択です。
今よりさらに体調を崩す可能性も高いので絶対にやめましょう。

まとめ

どうだったでしょうか?

医薬品は適正に服用しなければ期待する効果が出ないことも多く、治療が長引くことにもなりかねません。

基本的に処方医は「きちんと飲んでいる」という前提で治療薬を決めるため、適当に飲んでいては「効果が出ていないからもっと強い薬にしよう」と誤解される場合もあります。

これが実はもっとも避けるべき事態です。

もし飲み忘れがどうしても多いようなら、処方医または薬剤師に相談して飲み忘れにくいように工夫してもらいましょう。

僕の経験からすると、意外とちょっとしたことで飲み忘れは減らせるものだったりします。

例えばですが、夕食後に飲んでるお薬が朝食後に飲んでも問題なかったりする場合も多く、相談の結果1日1回にすべてのお薬をまとめてもらえる場合もあります。

飲み忘れが多くてお困りの場合は、ぜひ一度薬剤師に相談してみることをおすすめします。

コメント