ブログ理念はこちら!

【かんたん解説】オロパタジンの効果、飲み方、副作用

医薬品

こんにちは。

薬剤師ヒロ
薬剤師ヒロ

ねこじた薬剤師のヒロです。

処方されたお薬についての説明をご希望ですね。

できるだけわかりやすくお話ししますので、少しだけお付き合いください。

よろしくお願いします。

オロパタジンの効果・飲み方

効能および効果

オロパタジンはアレルギー性疾患の治療薬です。

主に花粉症、またはダニやハウスダストで起こるアレルギー性鼻炎じんま疹や下記の皮膚疾患におけるかゆみなどに効果を発揮します。

湿疹・皮膚炎、痒疹(ようしん)、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)、多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)
薬剤師ヒロ
薬剤師ヒロ

ただし、あくまでも対症療法です。

根本的な治療にはアレルギーの原因を取り除く必要があります。

用法・用量(飲み方とその量)

通常、成人であればオロパタジン塩酸塩として1回量5mgを朝および寝る前の1日2回服用します。
なお、年齢、症状により増減する可能性があります。

薬剤師ヒロ
薬剤師ヒロ

オロパタジンは成人と小児で用量が変わってくるお薬です。

小児であれば7歳が基準になります。

以下をご確認ください。

通常、7歳以上の小児ではオロパタジン塩酸塩として1回量5mgを朝および寝る前の1日2回服用します。

通常、2歳以上7歳未満の小児ならオロパタジン塩酸塩として1回量2.5mg(顆粒剤として0.5g)を朝および寝る前の1日2回服用します。

どうやって効いてるの?(作用機序)

なにをどうやってアレルギーを抑えることができるのか、簡単に説明します。

アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関与していることがわかっています。オロパタジンというお薬は、ヒスタミンの受容体(結合部位)をブロックすることで、その働きをおさえます。

さらに、様々な化学伝達物質(ロイコトリエン等)の産生・遊離抑制作用を有していることも抗アレルギー効果の一助となっています。

薬剤師ヒロ
薬剤師ヒロ

専門的には「第2世代抗ヒスタミン薬」と呼ばれます。

即効性があり、第1世代より副作用が少ないと言われています。

 

副作用が気になった方はこちら!

副作用は少ないお薬ですが、気を付けていただきたいのは以下になります。

・眠気、だるさ

薬剤師ヒロ
薬剤師ヒロ

強い眠気が出る可能性もあるため、お車の運転などには注意してください。

念のために添付文書(説明書)に記載されている重篤な副作用も書いておきます。
下記のような症状があらわれた場合には使用を一旦やめて、すぐに医師の診療を受けるか相談するようにしてください。

全身がだるい、吐き気がする、皮膚や白目が黄色くなる

肝機能障害、黄疸の可能性が考えられます。

まとめ

オロパタジンは花粉症の時期になるとかなりの頻度で使用されている抗アレルギー薬のひとつです。

現在では国の政策によりジェネリック医薬品が多くなりましたが、以前はアレロックという名前で先発品がよく処方されていました。

花粉症で昔からお世話になっているという方も多いかと思います。

副作用も少なく、かつ、しっかりとくしゃみや鼻水に効果を発揮してくれるオロパタジン。

眠気の副作用に注意は必要ではありますが、鼻炎、蕁麻疹、かゆみには、かなり頼りにできるお薬に違いないでしょう。

 

コメント