『幸せになる勇気』まとめ ~「尊敬」が人を勇気付ける!~

白鳥 デイリーログ

勇気の二部作、『嫌われる勇気』と『幸せになる勇気』

ご存知の方も多いと思いますが、アドラー心理学を日本に広めることとなった名著『嫌われる勇気』

その続編が『幸せになる勇気』です。

これらを合わせて、勇気の二部作と呼びます。

参考程度にリンクを貼っておきます。

『嫌われる勇気』はいまや200万部を超える大ベストセラーです。

そして、続編の『幸せになる勇気』も200万部超えしています。

つまり、1作目を読んだ人がほぼ2作目も読んでいるということが想像されます。

続編が同じくらいの部数売れているということからわかるのは、前作の『嫌われる勇気』がいかに衝撃的な内容だったかということでしょう。

『嫌われる勇気』という題名から、単純に「どんどん嫌われなさい」ってことだと考えてしまうかもしれませんが、そうではありません。

嫌われたとしても気にしない、そんな強い心を持ちましょうという本なのです。

そして、続編の『幸せになる勇気』では、幸せになるためにはこんな勇気が必要であると、より実践的に書かれています。

この2冊が一貫して伝えるテーマは、世界がどう見えるかはとにかくあなた自身の勇気次第だということです。

つまり、「自分自身の心持ちで世界は変わる」ということです。

だからこそ『嫌われる勇気』の決め台詞は、

「あなたは今、

この瞬間から、幸せになれる」

なわけですね。

なんとこの本、あの起業家として有名なホリエモンこと堀江貴文さんも絶賛しています。

「嫌われる勇気」を読んだときに、こう思ったそうです。

「これ、俺じゃん!

俺の考え方じゃん!」と(笑)

確かに堀江さんのどう考えても嫌われたってかまわないと思ってないとできない発言の数々(笑)からも、合致するような部分が多々ある気がします。

いっさい忖度をしなさそうな堀江さんが評価している。

それだけで読む価値はある、とボクは思います。

 

それでは、本の紹介はこれくらいにして、今回は『幸せになる勇気』の中で語られる「尊敬」についてが本題です。

「尊敬なんて特別に学ぶようなものでもないでしょう」と思ってる方ほど知っていただきたい概念です。

騙されたと思ってこのまま、読み進めていただくとわかります。

「尊敬」は、どんな相手にもできる

あなたには今、

心から尊敬している人はいますか?

 

もし、尊敬している人と言われて誰も思いつかないような場合は、きっと「尊敬」の意味がわかっていません。

なぜなら、尊敬は

「どんな相手にでもできること」

だからです。

その対象が社会的に大きな力を持っているだとか、教育者であるだとか、そんなことは一切関係がありません。

たとえ、相手が意地悪な老人だろうと、横柄な態度の婦人であろうと、わがままに思える子どもであろうと尊敬することはできると考えます。

 

「え!?何言ってんの」

って思いますよね?

「そんなわけないよ」って。

 

世間一般的にボクらが思う「尊敬」とは、自分もそうありたいと願うような、あこがれともよく似た感情ですよね。

それは、とても「どんな相手にもできること」ではなく、むしろ尊敬できる相手なんて中々いないのが当たり前だとすら思っています。

だけど、違います。

そうではないから、「どんな相手でも尊敬できる」とアドラーはいうのです。

上記のようなあこがれのような意味での尊敬は尊敬ではありません。

以下は「幸せになる勇気」の中で書かれている一文です。

それは尊敬ではなく、恐怖であり、従属であり、信仰です。

相手のことをなにも見ておらず、権力や権威に怯え、虚像を崇めているだけの姿です。

これを読むと、確かに会社の社長や上司、学校の教師や部活動の指導者、政治家などに抱く感情というのはどうも尊敬ではないようです。

それでは、尊敬とはいったいなんなのでしょうか?

どうすれば尊敬することができるのでしょうか?

エーリッヒ・フロムの「尊敬」とは

「幸せになる勇気」の中で、社会心理学者であったエーリッヒ・フロムの言葉が紹介されています。

尊敬とは、人間の姿をありのままに見て、その人が唯一無二の存在であることを知る能力のことである。

さらに、付け加えてこうとも書かれます。

尊敬とは、その人が、その人らしく成長発展していけるよう、気づかうことである

わかりやすく説明します。

まず最初に、尊敬とは、「〇〇だから、素晴らしい」などというような条件つきではない「ありのままのその人」を認めるということです。

あの人のあんなところが良いとか、あの人はこんなことができるからすごいとか、そんな部分は必要ないということですね。

尊敬を英語でrespectと書きますが、その語源となっているラテン語のrespicioには「見る」という意味があります。

まずは、ありのままのその人を「見る」こと。

つまり、「観察」が大切なんです。

それが尊敬の出発点になります。

そして、その人の言動、行動、特性、趣味趣向などがわかったら次に注意することがあります。

自分の価値観を押し付けようとしたり、その人の考えを矯正しようとしてはいけません。

なぜなら、そのような態度にはいっさいの尊敬がないからです。

その人が「その人であること」に価値を置き、援助していく。

これが尊敬ですから、その人を変えようとしたり矯正しようとしたりすることは、「その人であること」を否定していることにほかならないわけです。

ありのままを認めて、

唯一無二であると知る。

唯一無二であると思えたなら、その相手を自然と大切にできるはずです。

だってこの世に2つとない貴重な相手なのですから。

「尊敬」が人を勇気づける

尊敬にはさらに素晴らしい効果があると著者はいっています。

それは、

「尊敬」が、

人を勇気付ける

という点です。

誰かから「ありのままの自分」を認められたなら、その人は大きな勇気を得るでしょう。

なぜ、尊敬が勇気とつながるのでしょうか?

小鳥なみの小さな脳みそで、ボクなりに考えたのはこうです。

自分の意見を大切にできる

「ありのまま」でいいと認められた人は、「ありのまま」の自分の考えを大事に思えるのではないでしょうか?

自分の意見を大切にされた経験があると、当然、他人の意見も大切にするべきだと思えるでしょう。

結果的に、その人は自分の意見を勇気を持って表明することができますし、勇気を持って他人の否定的な意見も聞き入れることができる。

勇気がない人には、両方とも出来ないことだとボクは思います。

失敗を恐れにくくなる

さらに、失敗を恐れにくくなるのではないかとも考えました。

「ありのまま」でいいと認めてくれる相手がいる。

だから、チャレンジしたことが成功しようと失敗しようときっとその人からの評価はきっと変わることはない。

そう思えた人は、どんなに難しく思えることでも挑戦できるかもしれません。

尊敬は伝染し、勇気もまた、伝染する

まとめると、「尊敬」とは、相手をありのまま認めることで相手に勇気を与える行為となります。

ボクらが世間一般的に考える尊敬とは、まったく別のものであり、今こそ尊敬するという意味を再確認するべき時代ではないでしょうか。

ボクは現在の日本に元気がない気がするのは、日本人から勇気が失われたからというのもひとつあるのではないかと考えています。

古い体質やシステムにこだわって新しいテクノロジーを受け入れるのを頑なに拒む風潮があるのも、その現われのひとつだと思うわけです。

これは非常に残念に感じます。

もっと誰もが尊敬しあえる空気を作り、自信を持って自分の意見や考えを表明できる時代になってほしい。

そうなれば、今の日本に流れるこの閉塞感を打破できるかもしれないと、そう思うわけです。

最後に、アドラーの残した言葉を引用して今回の記事を閉めさせていただきます。

読了いただき、ありがとうございました。

臆病は伝染する。

そして勇気も伝染する。

勇気の二部作

嫌われる勇気

幸せになる勇気

 

コメント