【日々の学びが賢者を作る】#031 「カジサックの部屋」100万人達成で感じたルフィとの共通点

YouTube デイリーログ

本当に100万人達成しちゃった

お笑い芸人キングコング梶原さんの挑戦をみなさんはご存知でしょうか?

YouTubeを毎日のように見てる人なら聞いたことくらいはある方も多いと思います。

「2019年末までに100万人達成できなければ芸人やめます!」

と宣言された上でユーチューバーとして活動を続けておられましたが、ついにその目標を達成されました。

設定の期限まではまだ5ヶ月ほど残っていて、この段階で達成されたことを

「すげー」

の一言で片付けてしまうのはあまりにも言葉足らずなのでここに書いちゃおうと思った次第です。

ちなみに芸人さんだからとか、有名人だからとかって理由で「100万人くらいいくっしょ?」と思っちゃう方は正直よくネットのことをわかってないと言わざるをえません。

最近ではかなりの数の有名人やタレントさんがYouTubeに参入していますが、YouTubeをやってること自体知られていないタレントさんも多いです。

そして、そんな方たちは知名度のわりにはチャンネル登録者数が少なかったりもします。

つまりですね、知名度が高ければチャンネル登録者が単純に増えるかと言うとそういうわけでもないのがYouTubeなんですね。

さらに言っちゃうと、お笑い芸人さんの中でもキングコングさんといえば、どちらかと言えばもう世間からはオワコン扱いされていたのではないでしょうか。

一時期よりテレビで見ることが確実に少なくなっちゃって、テレビ以外のお二人の活動を知らない人からすると当たり前かもしれません。(実はお二人の場合は、自発的にそうしてたりするだけなんですけどね)

そんな梶原さんがYouTubeを始めると聞いたとき、ぼくは思いました。

「きっとアンチに叩かれるんだろうな。応援どころか、逆に低評価つけて潰そうとする人の方が多いはずだ。」

実際に梶原さんの住まいごと吹っ飛びそうなほどの逆風の中で(笑)、YouTubeチャンネル「カジサックの部屋」は始まりました。

しかし、そんな中で迂余曲折ありながらも(もちろん炎上したりも)彼はコンスタントに動画を上げ続けチャンネル登録者数は確実に増えていきました。

そして、今月7月11日時点で、期限まで半年近くの余力を残しながら本当に登録者数100万人を達成しちゃったわけです。

ちなみに、100万人のチャンネル登録者数を持つYouTubeチャンネルは数にして国内では150程度しかないそうです。

ほら、なんとなくそのヤバさがわかったでしょ?

麦わらのルフィとカジサックの共通点

カジサックが目標を達成できたことには当然複数の要因があるわけですけど、そんな中で最大の要因になったものは間違いなくこれだと思います。

「目標をみんなに宣言しちゃったこと」

つまりYouTubeを始めた時の「2019年の年末までに100万人達成できなかったら、芸人やめます」ってやつですね。

これがとにかくデカかったと思うわけです。

この宣言によって、

とにかく注目される

ことになりました。

まずこの宣言がなければ、メディアやネットのニュースで話題になることもなかったと思います。

「カジサック」はこんなやつだというどでかい旗を立てたわけですね。

「芸人をやめる」というのがどういう意味かについては若干の遊びがありますが(笑)、それでもこれを聞いた人はみんな思ったんです。

「こいつ!?ガチだ!!」

さらにこの宣言は、自分を追い込む役割も果たしました。

たとえば、心の中だけで「2019年末までに登録者数100万人いかなかったら芸人やめよう」と思っていたとしたらどうですか?

多分、これ、「失敗したんじゃないか」とぼくは思います。

だってシンプルに、

逃げれますもん(笑)

他人との約束にしなければ、反故にしたって誰にも非難されることはないですから。

自分の一番失いたくないもの、つまり「信用」を賭けることで、背水の陣を敷いたんですね。

「カジサックは決して後ろには引かない」という強い意志を自分自身に課したわけです。

実はこれ、漫画『ONE PIECE』の麦わらのルフィとまんまいっしょだと思うんです。

ルフィはいつでも躊躇なく言います。

「俺は海賊王になるんだ」と。

たとえどこにいようと、たとえどんな相手だろうと、恥ずかしげもなく堂々と言っちゃうわけです。

それを最初は誰しもあざ笑ったり、バカにしたりするわけですが、行動をともにし、その覚悟がガチなものだとわかってくると、

「あれれれれ?」

いつの間にかみんな彼を応援する側にまわっています。

関わる人みんなを巻き込むことで、実力以上の目標達成を成し遂げちゃう。

これがルフィ的仲間力とカジサックの共通点ではなかろうかとぼくは考えたわけなんです。

だってカジサックがYouTubeやり出してからまだ一年も経ってないんですよ!

100万登録者の器には圧倒的に経験やノウハウは不足していると思うんです。

なのに、なぜそんな彼が予想よりはるかに早くことを成し遂げられたか。

「これしかなくねぇ?」ってことです。

当然、注目を集めるだけではその場限りになっちゃうので、覚悟を見せた後は、それを証明しないといけません。

そのためには、頑張っている姿を視聴者に見せ続ける必要があります。

覚悟がウソだと思われると人はすぐに離れてしまうし、むしろ逆効果にすらなっちゃうかもしれません。

カジサックの成功は、コンスタントに視聴者を飽きさせないような動画を上げ続けたのも大きな要因であることに違いはありません。

ぼくもたまに「カジサックの部屋」を観てたので知ってます。

努力は絶対に必要です。

しかし、それでもぼくは思うんです。

「目標をみんなに宣言したこと」が最大の成功要因

になったと。

カジサックとルフィ。

なんだか猿っぽいところしか雰囲気は似ていない気もしますが(笑)、今回はその共通点についてこれってそうじゃないのってことを話してみました。

ちなみに全然規模は違いますが、ぼくはタバコをやめるとき周りの人に言いふらして「背水の陣」を敷きました。

そして実際、思ったより楽に禁煙できました。

口先だけの男だと思われたくない人、つまり「何よりも信用を失いたくない人」には、かなり有効な方法だと思います。

 

今日のログは以上でーす。

明日に続きま~す!!

コメント