ブログ理念はこちら!

【日々の学びが賢者を作る】#025 頭でわかっててもできていないこと

猫 ジャンプ デイリーログ

セミナーや講演会の中毒になる理由

自己啓発のセミナーや講演会などに自発的に行ったことがある方はわかりますよね。

講演者の話術もその内容も素晴らしいと感じたとします。

「明日から、今日聞いたことを活かして頑張ろう」

すばらしいセミナーを受けると、その影響は確実に出ます。

それは間違いありません。

しばらくのあいだは、モチベーションが上がったり、セミナーでの「気づき」により行動も変わることでしょう。ぼくもそうでした(笑)

しかし、その効果がずっと続くかというと十中八九、続かないはずです。

たぶん2週間もすれば以前と同じような業務状況に戻っています。

セミナーや講演会を否定する気はありません。

しかし、それはドーピングのようなもので一時的にしか効果がないわけです。

効果が切れるたびにまたセミナーを受けに行かないければならないとしたら、多大な時間を消費することになっちゃいます。

時間は誰にとっても有限で1日24時間しかありません。

何度も似たようなセミナーや研修会などに行ってしまうようなら、どうすればそのループから抜け出せるか一度しっかり考えてみた方がいいと思います。

問題はどうしたら実行できるか

ある講演会に参加していたときのことです。

最後の質問の時間、受講者からこんな質問がありました。

「いつもこういう講演会に出席させていただくと、その場では明日からやってみようと思うのですが、いざ会社でやろうとするとできません。どうしたら実行できますか?」

その前の講演自体がすばらしいものだったので、ぼくは期待して答えを待ったのですが、肝心の答えはあまり具体的でなくいつも聞かされているようなことでした。

「目標を設定してみる」「やる気を出せるように意識する」「責任感を持つのが大切」などのことです。

「いや、きっと質問者が知りたいのはそうじゃないんだよ」とぼくは心の中でツッコミを入れました(笑)

素晴らしいアイデアやシステムを教えていただいたのはありがたいんだけど、それを具体的にどうやったら実行できるのかを知りたいわけですよね。

たとえば、目標の設定なら「どうやって目標を設定するか」だし、やる気を出すなら「どうすればやる気が出せるか」ってことです。

頭でわかっていても実行できないこと

ぼくらは頭ではわかっていても、実際にはできてないことが意外と多いです。

どうしてやった方がいいとわかっていながらできないのでしょうか?

いい年こいた大人なのに(笑)

そこには『心のホメオスタシス(恒常性)』という人間の性質が関与しています。

さらに、グループや会社などの組織では余計に難しくなる傾向があります。

なぜなら、絶対に反対したり同意しない人が現れるからです。

つまりですね、いいアイデアが浮かんだら、それだけではなく、さらにそのアイデアを実行に移すためにもうひとつアイデアが必要になるわけです。

そりゃあ、なかなか実行できないのも仕方ないですよね。

 

本日の学びは以上でーす。

明日に続きま~す!!

デイリーログ
管理人
ねこじたのヒロ

福岡市在住。薬剤師歴14年目の現役薬剤師です。
薬局管理を約5年間ほど経験するも保険点数を追いかける業務に違和感を感じ、現在は一薬剤師として働いています。
読書が好きで年間180冊程度読んでいます。

ねこじたのヒロをフォローする
シェアする
ねこじたのヒロをフォローする
ねこじた薬剤師のポケットエリクサー【ぽけえり】

コメント