ブログ理念はこちら!

【日々の学びが賢者を作る】#011 幸福になることの難しさ

幸せ 無理ゲー デイリーログ

現代は幸福なはずなのに幸福とはいえない

僕らの社会は、人類史上かつてないほど高い生活水準にあります。

住環境や衛生環境も良くなって、誰でも一定の教育を受けることができますし、福祉面でも恵まれています。旅行や娯楽も充実しているし、自己の努力次第で仕事の選択もできるようになりました。

それにも関わらず、不幸は減っていないと僕は思っています。

書店には不安症状やうつ状態、ストレスや人間関係の問題に関する本がかなり多く並んでいます。

テレビなどのマスメディアは連日のようにどうすれば悩みがなくなるかこれでもかというほど求めてもいないアドバイスをしてきます。

世界保健機構(WHO)は、うつ病が最も患者を弱らせる病気だとしており、2020年には2番目に重大な疾病になるであろうと予測しています。

実際に現在、毎週、成人の10人に1人が臨床的うつ症状になるといわれておりうつ病は非常に身近な病気となっています。

さらに重大なことに、ある調査で2人に1人の割合で人生の一時期、真剣に自殺を考え、2週間以上その状態に悩まされることもわかっています。

人の悩みは尽きないといいますが、減るどころか増えている可能性すらあるということです。

以上のようなことから、

現代は決して幸福な世界とはいえないと僕は思っています。

なぜ、幸福になれないのか

僕らの心は、もともと危険に満ちた世界を生き抜くために進化してきました。

狩猟採集民にとっての最優先は、何よりも「死なないこと」です。

つまり、自分を傷つけそうなものに気を配り、危険なことを避けることだったわけです。

世代が進むごとに、僕らは起こりうる危険を想像し、避けることに長けてきました。

それによって、確かに僕らは以前よりはるかに死ななくなりました。

その証拠に、WHOのデータによると1900年時点での全人類の平均寿命は31歳くらいでした。それが現在はなんと70歳を超えています。

強調しますが全人類の平均寿命が、です。

この100年ちょっとで異常なほど人類は長寿になったわけです。

しかし、これはいいことばかりではありません

現代人の心は、常に用心深くなり、起こることの全部を評価しようとしてしまいます。

これが、僕らが幸せになれない理由のひとつ目です。

僕らが現在住む世界には獰猛な肉食恐竜やサーベルタイガーはいません。

多少の失敗で命を失うようなことは、ほとんどないといえます。

誰かに失敗を責められる、仕事のミスで落ち込む、人前で恥をかかされる、ふとした発言で人間関係が壊れないか心配になる。

このようなことは僕らに強烈なストレスをもたらします。

しかし、それでただちに命を落とすようなことはありえません。

それなのに、必要以上に恐怖を感じてしまいます。

ときにはベッドに入ってから何度もくり返し考えてしまい、眠れないことさえあります。

僕らは、自分の人生のかなりの時間を、「実際には起こりもしないこと」まで心配して自分から不幸になっているのです。

これがまず、第一の幸福になれない理由だと思っています。

長くなりますので、翌日にまた書きますね。

 

今日の学びは以上でーす。

明日に続きま~す!!

 

今回の記事が参考になったらポチッと応援お願いします!
今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします。
デイリーログ
管理人
ねこじたのヒロ

福岡市在住。薬剤師歴14年目の現役薬剤師です。
薬局管理を約5年間ほど経験するも保険点数を追いかける業務に違和感を感じ、現在は一薬剤師として働いています。
読書が好きで年間180冊程度読んでいます。小説以外なら何でも読みます。

ねこじたのヒロをフォローする
シェアする
ねこじたのヒロをフォローする
ねこじた薬剤師のポケットエリクサー【ぽけえり】

コメント