LINE@とLINEPayの「中小企業向けセミナー」に行ってきた

LINE デイリーログ

つい昨日までずっと「軽く触れてください」と書いてあるタイプの自動ドアは人体の静電気的なもので反応して開くものだと勝手に思い込んでいました。

あれ、実は上部にあるセンサーに反応させるための口実に過ぎないそうです。

どーも!

らくがき薬剤師のヒロです!

昔から思い込みの強さには自信を持っていますが、勘違いも多いので薬剤師としてはどうなのって思って自分で注意はしています。

前置きが長くなりましたが、今回はスマホアプリ「LINE」の話です。

みなさん、「LINE」は使ってますよね?

僕は毎日使ってます。奥さんとのやり取りも基本的に「LINE」ですし、会社内でもグループLINEが活用されています。

とても便利で重宝している「LINE」なんですが「LINE@」と言うとなにそれ?って方も少なくないと思います。

簡単に言うと商用利用が目的の企業向けLINEアカウントです。

恥ずかしい話ですが僕は昨年までこの存在すら知らなかったです。そして知ったとたんに「これ、おもしろそう!」って思いました。

というわけで、LINE@を会社内で立ち上げることに決めました。

ババっと上司に軽く相談し、ちゃちゃっとアカウント作って一人で勝手に進めてます(笑)

んで、まぁやっぱりいろいろわからないことばっかりなんです。

所詮僕は一薬剤師なのでマーケティング的なノウハウなんかないですから。

ってことで、LINEさんから来ていた「LINE@・LINEPay中小企業向けセミナー」のお知らせに参加希望を出したと言うわけです。

今回はこの中小企業向けセミナーに行ってきた感想と学んだことを記事にしたいと思います。

LINE@についてのセミナー内容をざっくり

まずLINEの現在の利用状況からセミナーは始まりました。

2018年9月末時点で国内の月間アクティブユーザー数は7800万人以上、かつ毎日利用しているユーザーは85%に上るとのこと。

そして次はメディア環境の変化について。

これは生活の中で誰もが感じていることだと思います。

若年層を中心にいわゆるマスメディアからスマートフォンへの利用時間の移動ですね。

僕も最近はほとんどテレビを見なくなりました。新聞も取っていませんし、情報はほとんどネットと読書で拾うようになりました。

特にテレビに関しては奥さんが録画したもの以外はほとんど見ません。わざわざ自分から放送される時間に都合を合わせないといけないのはすごく勿体ない気持ちになってしまうんですよね。

ちょっと話がそれましたが、とにかくこれからはマスメディアよりスマホやネット(僕は特にYouTubeだと思っています)が現在よりさらに大きな広告力を持つだろうと言う話でした。

で、ここからはいよいよLINE@の運用に関する話と具体的な活用方法を教えていただきました。

ライバル店に学ぶこと、マニュアルを読む癖をつけること、メッセージよりもホーム投稿(タイムライン)で拡散してもらうなどのノウハウです。

詳しくはここでは書きませんが僕は勘違いしていたことが多数あったので、それだけでも十分受けた意味を感じました。

あとは「機能の紹介」や「料金プラン」についての説明だったので省略します。(正直に言うとLINE@のホームページで確認すればわかる範囲でした)

LINEPayについてのセミナー内容をざっくり

LINE@のセミナー後にそのままLINE Payのセミナーへと続きました。

2018年のキャッシュレスに関する話題と言えばやっぱりPayPayでしょう。

12月13日に始まった「100億円あげちゃう」キャンペーンはわずか10日で終わってしまうほど話題になりました。ニュースでも取り上げられ一気に会員登録者も増えたと思いますが、その後日常的に使っておられる方がどれほどいるかは怪しい気がします。

LINE Payに関しては僕が勤務する薬局でも今年から採用することに決まりました。これからは日本でも急速にキャッシュレス化が進むのは間違いないと思いますからLINE Payに限らず勉強しておいて損はないでしょう。

LINE Payのセミナーで教わったことは以下のようなことです。

・日本の現状(キャッシュレス化の遅れ、東京オリンピックなどの世界的イベントに備えてキャッシュレス化を勧めていること)

・特徴として新しくアプリを使う必要がない(LINEアプリ内に組み込まれている)

・現時点では導入コストはゼロであること(初期費用、月額費用、決済手数料、入金手数料)

※ただし、2021年8月1日からは手数料2.45%がかかるとのこと。またStarPay端末、POSレジ、オンラインなどでは決済手数料がかかるそうです。

・ユーザー側の利点としてキャッシュレスでの支払い時にポイント還元あり
 (支払い額に応じて2019年7月31日までは3.5%~5%

・LINE Payはチャージした金額からしか使えない(クレジットカードとは連携しない)

LINE@と連携できるため販促につなげることができる

・精算サイクルが現時点では遅い(指定の銀行窓口に、当月末日締・翌月末日精算で振込)
※ただし、2019年早期に希望日入金になる予定とのこと

まとめ

今回、僕は有給休暇を使ってセミナーに参加しました。

これだけ聞くと「社畜かな?」と思われるかもしれませんが自分がやりたいことをある程度やらせてもらえているので普段の仕事も充実していますし、自発的に学びたいことだとセミナーも楽しいんですよ。

人って興味があることだと気持ちが前のめりになるじゃないですか。セミナー当日なんて前のめり過ぎて何回か道端の段差でつまずきましたからね(笑)

というわけで、今回はLINE@・LINE Payのセミナーに行ってみたよって話でした。

これからLINE@やLINE Payを取り入れようという薬局さんはぜひ参加してみてはどうでしょうか。SNSなどのマーケティングってどうすんのってド素人であれば十分役に立つと思います。

 

コメント