ブログ理念はこちら!

日本で運がいい人と言えば!斎藤一人著『運』より

開運 宝箱 読書

突然ですが「運」についてみなさんはどのようにお考えでしょうか。

僕自身は「運」について「コントロールができないもの」だと思っています。

コントロールができないからこそ運であり、それはたとえ全知全能の神であったとしても同じです。運がコントロールできてしまったら、もはやそれは運とは呼べないからです。

どんな人でも、生きていれば必ず一度は思いますよね。

「あの人、運がいいよね」って。

運がいい人って、うらやましいですよね。

憧れませんか?運がいい人に。

運がいいとなんでも上手くいっちゃいそうに思います。

誰かが成功した時、運がない人は思うんです。

「あの人はいつも運がいいな」

果たしてそれはほんとに運がいいのでしょうか?

今回は、自他ともに認める「運のいい人」である斎藤一人さん、そしてその一番弟子である柴村恵美子の著書『運』について書きたいと思います。

一人さんは言います。運は「運ばれてくるもの」だと。

斎藤一人
銀座まるかん創設者で1993年から、納税額12年間連続ベスト10という記録を打ち立てた生ける伝説の実業家。『愛される人生』『器』『幸せの道』などベストセラーも多数あり。

運がいい人は、苦労が顔に出ない人

ひとえに人の何倍も知恵を使い、人の何倍も気を使い、人の何倍も努力して、なおかつ顔に苦労が出ていない。こういう人を”運がいい人”と呼ぶんです。

運がいい人は苦労に負けてないの。苦労してないわけではないんです。

苦労は誰にでもあります。この世界に生まれて、まったく苦労しない人なんていません。

どんな環境に生まれようとその人なりの苦労があり、様々な悩みを抱えて生きています。

著者は言います。

苦労に負けてる人は、顔にも話す言葉にも苦労が出てしまう。逆に、苦労に負けていない人はいつも涼しい顔で、苦しそうなことも口にしない。だから運が付いてくるんだと。

じゃあ、なぜそんな人は苦労に負けないのか?

それは・・・努力をするからです。

運がいい人にとって努力は当たり前なのです。

当たり前だから涼しい顔でいることができ、苦しくもないのです。

運がいい人は、遊んでいる!?

やっぱり努力かよ・・と思ったあなたに朗報です。

なんとこの世界には楽しく努力をする方法があります。しかも、誰しも経験したことのある方法なんですから簡単です。

あなたは自分の好きなことに熱中している時、「今、努力してる」なんて思いますか?

少なくとも僕は、読書をしている時、子供と遊んでいる時、ゲームに熱中している時、「今、努力してる」なんて思った事はありません。

本当に運のいい人って、努力をしても、それを努力だとは思ってないの。

遊んでるがごとくやってるんだよ。だからうまくいくんだよ。

つまり、好きなことをやればいいんです。

著者である斎藤一人さんは自分自身、仕事にしても何にしても、楽しくやっていると書いています。

そうなんです。今、楽しくないことは明日から楽しくしちゃいましょう。

楽しくする努力に全力をつぎ込めば後は楽勝ってことですよ。だって、その後はもう楽しいから努力とは感じなくなりますからね。

そして、どうしても楽しくできない事なら、逃げてもいいんじゃないでしょうか?

だって、”逃げたい”も”○○したい”って気持ちですよね。

その場合は楽しんで”逃げる努力”をしましょう(笑)

それもひとつの努力だと僕は思います。

運がいい人に共通する特徴

斎藤一人さんの一番弟子であり、この本の共著者でもある柴村恵美子さんが運のいい人の特徴について「素直さ」だと書いています。

ここでいう「素直さ」とは、一体どういう事でしょう。

これは僕の考えですが、価値観や環境、時代の変化など様々な事を受け入れることのできる度量の大きな人ではないでしょうか。

そんな人なら、確かに何が起こっても柔軟に対応し、なおかつ自分のマインドを変化させることで不運を幸運に変える力がありそうに思えます。

今、あなたにいろいろと教えてくれている人は本当に成功者ですか?

もし、その人が楽しそうじゃなく、しあわせそうじゃないとしたら、その教えは間違っているかもしれませんね。

運がいい人は、もちろん幸せです

だって、運がいいんだから幸せじゃなきゃおかしいですよね。

幸せそうな人を自分のメンターや師匠にしましょう。そして、その人の教えを学ぶことが運を呼び込むことになる。そういうことだと僕は解釈しています。

周りにそんな人がいないって言うのなら、探しましょうよ。

今はインターネットもあるし、本を読めばいくらでもそんな人は見つけられます。

まとめ

この本には、「運」とはいったい何なのか、そしてどうすれば「運」のいい人になれるのか、著者の思いのままストレートな言葉で書かれています。

人が生きる以上、様々な出来事が起こります。どんなに「運のいい人」でも、客観的に見ると不運だとしか思えないような事も絶対に少なくはないのです。

じゃあ、何が違うのでしょうか?

僕たちは主観の世界に生きています。そして、出来事そのものに感情があるわけではありません。雨が降れば世の中には悲しむ人もいるし、喜ぶ人もいます。

つまり、出来事を幸せだと思うか、不幸だと思うかは自分次第だということ。

他人からの見え方なんて気にせずに、自分がツイてると心から信じることのできる人。

そんな人が真の「運のいい人」なのだと思います。

コメント